岸野流 実践銀行交渉塾

今、中小企業経営者に必要なこと、それは財務を学ぶことです。

なぜなら経営の意思決定において、財務が非常に重要な役割を持つからです。

 

「どの銀行と取引すべきなのか」、「今は融資を受けるべきなのか」

「今の財務状況で設備投資をしても良いのか」

これらの判断も経営者の仕事です。

しかし、それらの経営判断に根拠はあるのでしょうか。

銀行や税理士などに言われるがまま行動すればいいのでしょうか。

経営者が財務を身につけることで経営判断に根拠が出ます。

 

経営の目的は事業を継続・発展させることです。

岸野流実践銀行交渉塾では、銀行と対等に交渉するためのノウハウ、事業を発展に導く財務の本質をお伝えします。

特徴

財務塾の様子

銀行員と経営者の目線

講師は元トップ銀行員かつ現在は経営者なので銀行と経営の両方の目線からの講義
銀行員が融資の判断をするときは、決算書の◯◯◯を見ている!  
経営者は自社の決算書を見て◯◯◯をすべき!

財務塾の様子

1講座数人の少人数制

ひとりひとりに適したアドバイスをするために少人数制で開催しています。
貴社の決算書を用いて、あらゆる質問を解決します。
銀行は貴社の決算書を見て何を考えるのかをお教えします。

財務塾の様子

ざっくり財務

細かい知識は不要!
過去に決算書の勉強で挫折された方も大歓迎  
細かい数字は使わず、本質をついた授業で決算書アレルギーを克服します!

講師プロフィール

1970年 香川県生まれ (本籍地:徳島県)
1993年 同志社大学商学部卒業、阿波銀行入行 法人新規開拓業務を中心に、12年間勤務
2005年 阿波銀行退職、ベンチャー企業の経営企画室長に転身
財務、M&A、新卒採用を担当
2007年 ベンチャー企業退職
コラボレックス株式会社設立、代表取締役に就任
2015年 NPO法人全日本製造業コマ大戦協会の理事に就任
    

資料・申込みはこちらから

     
講座パンフレット 申し込み